三好化成 > CSR > 人権

人権

私たちは、採用・報酬・昇進・退職等において、性別、政党、宗教、出自などを理由に従業員を差別しません。また、いかなる肉体的、心理的なセクハラ・パワハラ行為も断固として許さず、公正かつ友好的な雰囲気の職場づくりに努力しています。

社内で行われている可能性のある違法行為、規則違反行為、セクハラ・パワハラなどを発見・防止することを目的として、「コンプライアンス相談窓口」を設けています。また通報者が不利益を被らないよう、外部弁護士のアドバイスを得て迅速かつ公正に対応する体制を整備しています。

中国の現地子会社MSZは2012年に、従業員・人権にフォーカスした第三者認証国際規格SA8000を取得しています。

パーム油のためのアプラヤシ農園開発による熱帯林破壊や、生産国の地域住民・農園労働者の過酷な労働が問題視される中、三好化成グループは、持続可能なパーム油の生産・利用を目指す国際的な認証制度である「持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)」に加盟しています。三好アメリカおよび三好ヨーロッパは、RSPOのサプライチェーン認証も取得しており、三好化成も早期の認証取得を目指して準備を進めています。

また、三好化成グループは、インドでのマイカ採掘に児童労働が関与している問題の解決を目指す「責任あるマイカイニシアチブ(Responsible Mica Initiative)」の会員として、マイカの持続可能な調達にむけた国際的な取組に協力しています。

 

サイト内検索